効果的な配合成分のサプリメントで憂うつな気分をスッキリ

HOME » うつにならないために知っておきたいこと » メンタル編

メンタル編

うつを防ぐためのストレスをためない方法について、5つのポイントを紹介します。

うつを防ぐための5つのポイント

完璧を求めすぎないこと

自分に対しても他人に対しても完璧を求めすぎていませんか?

物事を成し遂げられなかったり挫折したり、人間は誰しも完璧ではないということを前提に考えましょう。

それでもどうしても物事を完璧にしないと気が済まないという人は、あえて完璧でない点を残すといいかもしれません。失敗も味だと考えましょう。

楽しむこと

誰かのために何かのために頑張ることは素晴らしいことです。

自分がやらなきゃ誰がやるんだ! という環境もあるかもしれませんが、でも人間は休息も取らずに延々頑張ることなんてできません。

必ず休息があるから、ここぞというときに頑張れるはずです。休みの日でも、一日のうちのわずかな時間でもかまいません。とにかく休息をとって、自分の時間を楽しみましょう。それがストレスの発散になります。

そして、できれば頑張りながら楽しめるような工夫をしてみてください。

曖昧を作る

白か黒かはっきりさせたがる人はストレスに弱いと言われています。

○○であるべき、○○でなければならない、という考え方にとらわれていると、ときとして壁にぶち当たることがあります。

そういったこだわりを捨て、物事を柔軟に、かつ寛容にとらえましょう

自然界には絵の具のように真っ白な物や真っ黒な物なんて存在しません。雲にも雪にも薄い色がついていますし、月が出れば夜も青く明るいです。物事は曖昧な部分でできているのです。

理想にとらわれない

人間は自分の思い描いた通りに物事が運ばないとストレスを覚えます。

自分に対しても他人に対しても、期待や理想に反したときにがっかりしたりイライラしたりしてしまうものです。

夢や理想を抱くのは悪いことではありませんが、それは実力を向上させたり、技術を磨いたりする目標にすべきもの。たとえ実現しなくても、そこへ進んでいくまでの過程が満足いくものであれば、その夢や理想は決して無駄ではありません。

考え方を変えてみよう

ストレスは考え方しだいで軽減できます。

いつも注意ばかりしている上司も、何かいやなことがあったかもしれないし、実は期待している部下だから厳しくしているのかもしれません。

それこそ、この5つのポイントに当てはまるような、完璧を求めすぎている傾向があったり、理想にとらわれているような状態かも……。

ストレスを感じるような人がいたら、自分と同じだと共感できるようなところを探してみるのも一つの手段です。

――いかがだったでしょうか。

ストレスはうつだけでなく、あらゆる病気の元凶にもなりかねません。心と体の健康のためにも、ストレスをためない生活と考え方を目指しましょう。

 
成分で選ぶ・うつのためのサプリメント比較