効果的な配合成分のサプリメントで憂うつな気分をスッキリ

HOME » うつにならないために知っておきたいこと » 生活習慣編

生活習慣編

普段の暮らしの中でできる、うつの防止につながる効果的な生活改善法をご紹介します。

日々の暮らしの中でできるうつ予防と改善

ゆっくりお風呂に入る

うつの代表的な症状に睡眠障害がありますが、就寝する直前に熱めのお風呂に入ってしまうと目がさえて寝つきが悪くなることがあるので注意が必要です。

健やかな睡眠にはリラックスできる40℃ぐらいのぬるま湯が最適

その日のいやな出来事を洗い流すつもりでのんびり入浴しましょう。

入浴とリラックスについて詳しく知りたい方は入浴習慣と身体・心理状況との関連を参考にしてください。

早寝早起きをする

睡眠障害を持っているうつの人にとって早起きは辛いことかもしれませんが、ちょっとずつでもかまわないので朝早く起きてみてください。

体内時計によって人間は、朝に日の光を浴びてから14~16時間で眠たくなるようにできています。太陽の光が体内時計のスイッチを入れているというわけです。

夜、なかなか眠れない、寝つきが悪いという人も、この早起きの習慣によって不眠が改善されていきます。

コツは、眠れないからといって焦らないこと。

ベッドに横になり静かに目を閉じているだけでも人の体は休まります。好きな音楽などを静かに流して、リラックスしながら眠りに落ちるのを待ちましょう。

それでも眠れないときは、サプリメントに頼ってみるのも一つの手段。

寝付きを良くしたり深く眠れるようにしたり、といった成分を配合した「睡眠サプリ」なら、睡眠薬のように身体に負担をかけずに試せるのでおすすめです。 詳しくは「眠れない人のための駆け込みサイト」の睡眠サプリメントおすすめはどれ?人気商品を比較してみましたで解説されているので参考にしてください。

太陽をたくさん浴びる

意外にも日光浴はうつの改善につながります。

太陽を浴びることで体内時計が調整されるほか、外で過ごすことがストレスの解消にも。適度な運動も日光を浴びる機会としてはオススメです。

通勤や通学のとき一駅手前で降りて歩くだけで、同時に日の光をたくさん浴びることになります。

――これらの逆の行為として、夜更かししたり、テレビやパソコンの画面をつけたまま寝てしまうことは、うつ病のリスクを高めることがあるという研究結果が出ています。

規則正しい生活を送り、なるべく外に出るなどリフレッシュすることが心と体の健康を保つポイントのようです。

うつと日光については、光の治療的応用を参考にしてください。

 
成分で選ぶ・うつのためのサプリメント比較