効果的な配合成分のサプリメントで憂うつな気分をスッキリ

HOME » うつにならないために知っておきたいこと » 食事の改善編

食事の改善編

憂鬱な気分になっていると食欲がなくなったり、逆に過食になってしまったりする恐れがあるため、気分が乗らない好きなものを食べたり楽しく食事をすることが重要。

うつの改善に効果があると言われている食品と成分をピックアップしてみました。

うつの改善に効果的な成分とそれを含む食品

レシチン

低分子化するとK・リゾレシチンとなり、神経細胞を活発にし、脳内ホルモンの分泌をバランス良くを整えます。

【レシチンを含む食品】

大豆と大豆加工食品(豆腐、納豆、味噌、醤油)、卵黄、ゴマ油、小魚、レバー、ウナギ

トリプトファン

うつと大きな関わりを持つ脳内物質セロトニンは、必須アミノ酸であるトリプトファンから作られています。

しかし、この必須アミノ酸と呼ばれる種類の成分は人間が体内で合成できない物質なのです。食を通じて積極的に摂取するようにしましょう。

【トリプトファンを含む食品】

大豆、小麦、かつお節、小魚、ゴマ、カシューナッツ

フェニルアラニン

フェニルアラニンも必須アミノ酸の一種で、神経伝達物質ノルアドレナリンを合成ほか、伝達物質フェニルエチルアミンの材料になります。

フェニルエチルアミンは恋愛すると多量に放出されることから「恋愛物質」との呼び名もあります。この物質が減少し、うつに陥るケースも。

【フェニルアラニンを含む食品】

大豆、小麦、かつお節、豚肉、ゼラチン、小魚、小豆、落花生

メチオニン

自責の念や無気力、悲しい気分などうつ病の症状を引き起こすヒスタミン濃度を低下させる働きが見られます。

【メチオニンを含む食品】

かつお節、小魚、小麦、大豆、豚肉、ゼラチン、ゴマ、ユーグレナ

セロトニン

ドーパミンの過剰分泌で感情が高ぶったり、ノルアドレナリンが過剰に反応して必要以上に不安になったときに、気持ちを落ち着かせてくれる働きがあります。

【セロトニンを含む食品】

牛乳・納豆・マグロ・バナナ・ユーグレナ

――この他にも、糖分を脳のエネルギーに変換するビタミンB1などもうつの症状には有効だと言われています。

メチオニンとセロトニンを含むユーグレナとは

大豆や小魚に交じって出てきた「ユーグレナ」とはなんでしょうか。ユーグレナとは微生物のミドリムシのことです。

59種類もの栄養素を含む食品で、ユーグレナはうつに効果があるメチオニンやセロトニンを含んでいます。

しかし、食品としてなじみがないので、サプリメントなどで摂取するしか方法がないのが難点です。

 
成分で選ぶ・うつのためのサプリメント比較