効果的な配合成分のサプリメントで憂うつな気分をスッキリ

HOME » うつを克服するための基礎知識 » 抗うつ剤は安全?

抗うつ剤は安全?

レクサプロ錠、デジレル、パキシル錠などの抗うつ剤について、その効果と副作用を解説します。

抗うつ剤の役割とは

抗うつ剤(抗うつ薬)とは、うつ病やパニック障害、強迫性障害、社会不安障害などの改善に利用されている錠剤。その主な目的は、悲しみや辛い思い、ストレスなどでバランスを崩してしまった脳の状態を回復させるため、脳内の神経伝達系に働きかけることにあります。

セロトニンには交感神経を興奮させるアドレナリンや神経伝達物質ドーパミンが過剰に働くのを抑える作用があります。「幸せ物質」という呼び方をされることも。

セロトニンが不足すると人は心のバランスが崩してしまい、悲しみや怒りといった感情であふれ、これまで楽しめていたはずの趣味に魅力を感じなくなったり、すぐカッとなったりメソメソしたりと、うつ特有の症状が現れやすくなります。

抗うつ剤の種類と効果

レクサプロ錠

レクサプロ錠はセロトニンの作用をサポートする効果がありますが、ただ、さまざまな副作用があるのも事実です。

眠気やめまいなどが現れることがあるので自動車や各機械の運転をしなければならない職種の人は気を付けてください。アルコールで薬の効果が強くなることもあるため飲酒も控えなくてはなりません。

デジレル錠

セロトニンの作用を高め、不安感によるうつの症状を緩和するという効果がある錠剤で、うつ病のほか、パニック障害や不安神経症、過食症の改善にも用いられています。

副作用の一部が取り除かれてはいますが、病状が逆に悪化したり、自殺観念や他者を傷つけるといった報告があります。

兆候があったときには服用を止めたりせずにまず医師への相談を行ってください。

パキシル錠

パキシル錠(パロキセチン)は2000年から国内で販売開始された新タイプの抗うつ剤です。

うつ病のほかにも強迫神経症、パニック障害、社会不安障害といった症状へ処方されており、即効性には劣りますが、セロトニンの濃度を高める作用があるので飲み続けることで効果を発揮します。

ただ、このパキシル錠には強い副作用と離脱症状(依存性のある薬物などを中止すると現れる症状)が見られます。

抗うつ剤を長期にわたって服用した場合、それをやめるときにも時間をたっぷりととって中止しなくてはなりません。

抗うつ剤の適切な服用により、うつの症状は軽くなりますが、眠気・倦怠感・口の渇き・頭痛などの副作用に悩まされたり、離脱症状という「薬をやめることによる副作用」に悩まされることもあります。

うつが軽い症状だった場合には、まずはサプリメントで代用するということも考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

<<うつに効果的な成分を含むサプリメントBEST5はこちら>>

 
成分で選ぶ・うつのためのサプリメント比較