効果的な配合成分のサプリメントで憂うつな気分をスッキリ

HOME » うつ病の原因・症状を知ろう » 女性

女性

ストレスを受けやすい脳や体を持っている女性がうつ病になるときの原因や症状についてと、改善効果のあるサプリメントをご紹介します。

<女性にもおすすめのうつに効く成分を含むサプリメント比較>

たくさんのストレスを抱えてしまう女性の脳

一つのことに集中しがちな「絞り込み型」の脳を持ってる男性とは異なり、女性は同時にたくさんの物事を考えられる「割り込み型」の脳を持っています。

仕事や家事を行いながらも夕食の献立を考えられたり、洗濯物を取り込みながら子供の面倒を見られたり、電話の向こうの人と話しながらでもテレビでドラマを楽しむことができたり。

もちろん、だからと言って男性よりも女性の脳が優れているとか、女性よりも男性のほうが優れているということではありません。

ただ女性からしてみれば、夫が仕事や趣味ばかりに没頭して育児に積極的でなかったり、男性上司の態度が配慮に欠けたものに見えるなど、たくさんの不満点が見えてきてしまうでしょう。

このように、女性は色々なことに敏感に気づきやすい分、男性よりも多くのストレスを感じやすく、2倍の確率でうつ病になりやすいと言われています。

デリケートにできている女性の心と脳

身体的な特徴からも女性は男性よりもストレスを受けやすくできています。

女性ホルモンであるエストロゲンは、神経伝達物質セロトニンを通じて感情の起伏へとつながっています。

月経の頃になると気分が沈みがちになったり、イライラしたり、精神的に不安になるのはこのため。

時期によりホルモンの分泌量が大きく変化することで、女性は生理学的にも心身にストレスを受けているのです。

また、セロトニンは別名「幸せ物質」と呼ばれている通り、気分を高揚させたり逆に怒りや悲しみを抑える働きがあるのですが、女性はこのセロトニンの分泌量がもともと男性よりも少ないのです。

エストロゲンの影響もあり、月経の前にはますますセロトニンの分泌量は減ってしまいます。

妊娠や出産、それに更年期と、女性のホルモンの分泌量はそのときごとに激しく変動し、女性が常に安定した気分を保つのはなかなか難しいことなのです。

出産の直後には約80%の女性が情緒不安定に陥ると言われています。

一般的にマタニティブルーとも呼ばれるこの症状は、実は心の病気ではなくホルモンの変動によるもの。

通常は一時的なもので自然に回復しますが、これが2週間以上続いた場合には産後うつ病の疑いがあります。

マタニティブルーと産後うつの区別ははっきりとはつけられていませんが、症状が重いようでしたら医療機関での受診をオススメします。

女性のうつにおすすめのサプリメント

「アルファベスト 生ゼリータイプ」8,000円

食感の良い生ゼリータイプのアルファベストは、成分のたっぷり入った濃縮タイプ。

美肌のもとであり、脳の情報伝達の働きを持っていると言われているコラーゲンに、便秘解消にも役立つ乳酸菌生産物質が配合された女性に嬉しいサプリメントです。

腸内環境を整えることは新陳代謝の促進と脳細胞の活発化にもつながります。

 
成分で選ぶ・うつのためのサプリメント比較