効果的な配合成分のサプリメントで憂うつな気分をスッキリ

HOME » うつ病の原因・症状を知ろう » 子ども

子ども

子どものうつ病についての解説と、子どもと親の両方が使えるうつ病チェック表、おすすめのサプリメントを紹介します。

<お子さんにもおすすめのうつに効く成分を含むサプリメント比較>

意外と多い子どものうつ病発症率

以前は子どもはうつ病を発症しないと思われていましたが、近年になって大人と同じようにうつの症状が現れる子どももいることがわってきました。

以下のような調査結果があります。

  • 抑うつ傾向 小学生:8%、中学生:23%
  • うつ病 小学生:1.6%、中学生:4.6%

このうち中学生のうつ病に至っては大人のうつ病とほぼ変わらない占有率になっています。

子どものうつ病チェック表

(親がチェック表を使う場合には子どもの立場に当てはめてください)

  • 毎日、ずっと気持ちが晴れない(悲しい気持ち、辛い気持ち、泣いてばかりいる、など)
  • 毎日、何をしていてもつまらない、楽しめない、やる気が出ない。
  • 全然眠ることができない、もしくは逆にずっと寝ている。
  • 全然食欲がない、もしくは逆に食欲が収まらない。
  • すぐ疲れる。
  • 動きが鈍くなった。
  • いつもイライラ。
  • 何かと自分を責める。
  • 集中力がない。
  • 死んでしまいたいと思ったことがある。
  • これまでの項目にあった出来事が原因で生活に問題が起こった。

――いかがでしたでしょう。

当てはなる項目が5個程度であればうつ病の可能性は低いですが、6個以上だとうつ病の可能性が出てきます。

子どもと大人のうつ病の違いとは

子どもと大人のうつ病にはどういった違いが見られるのでしょうか。

まとめてみました。

  • 大人のうつ病

大人のうつ病は40代から60代に多く、典型的うつ病と呼ばれるメランコリー型の割合が高くなっています。

年を重ねるにつれ体力が落ちていく中で、若い頃と同じように頑張ろうとしてうつ病を発症するケースが目立ちます。

  • 子どものうつ病

子どもは体力に満ちているので大人と同じようなメランコリー型のうつ病にはかかりにくいと言われています。

悩み事の大半を占めているのが親や友達などとの人間関係で、うつ病の原因もこれが問題となっているケースが多く見られます。

子どものうつにおすすめのサプリメント

「アルファベスト グミタイプ」8,000円

柔らかいグミタイプのサプリメントで体への吸収率も良く、子どもが食べやすいようになっています。

錠剤を飲むのが苦手だったり嫌いな子どももいますが、この製品はお菓子感覚で食べられるから飽きっぽい子どもでも長く続けられるのがポイント。

 
成分で選ぶ・うつのためのサプリメント比較